天然で一番硬いダイヤモンド

天然で一番硬いダイヤモンド

私は4月生まれなので、誕生石がダイヤモンドです。ダイヤモンドは天然の中で最も硬いものだということで、その美しさとは裏腹に凛とした強さがあってとても好きです。
ティファニーではダイヤモンドのセッティングにティファニーセッティングというダイヤモンドのセッティングに特徴がありますが、ティファニーのダイヤモンドが美しいのは、ダイヤモンドをカットする時に、輝きが最大になるところまで削っているので、大きさは小さくなりますが、輝きが最大限になって美しいダイヤモンドが出来上がるのです。
有名なカットの仕方はブリリアントカットで58面体にカットされるのです。婚約指輪にはダイヤモンドを贈ることが多いので、ブリリアントカットでティファニーセッティングのダイヤモンドを選ぶ人が多いのです。
ダイヤモンドの質を見極めるには4Cと呼ばれることを見ます。カラーのC、透明度のC、重さのC、カットのCの4つのCでダイアモンドの価値が変わってくるのです。色は無色の方が価値があって、黄色味があると価値が下がることになっています。透明度はFL(Flawless)が最高ですが、小さなダイヤモンドではあまり意味がないと言えます。FLの次はFI、VVS、VS、SI、I、という風になっています。重さはカラットで表すことになっていますが、1カラットは0.2gです。ダイヤモンドも1カラット以上になると透明度などがきになるようになります。4つのCでダイヤモンドの価値が決まるようになっています。