ダイヤモンドを知る!

宝石として、一番魅力を感じることができるダイヤモンド。
その輝きは、いつまでもみていたい、そんな光です。
そのダイヤモンドは、独身の時は使うことが多いです。
パーティなどで使うと、とても華やかな装いをすることができますね。

 

しかし、結婚をするとたちまち使う頻度が下がってきます。
そのため、宝石箱の中にしまっているものが多くなるのです。
パーティに出ることも少なくなりますね。
またダイヤモンドが似合う服装をすることも少なくなります。

 

そんな時、思い切ってそのしまっているダイヤモンドを買取してもらいましょう。
買取をしてもらうことにより、現金収入を得ることができます。
現金収入を得ることができると、その年代にあったおしゃれできるモノを買うことができるのです。
それは、とても大切なことだし嬉しいことですね。

 

そのダイヤモンドは、買取をしてもらいたいと思った時、どんな店に依頼をするのがいいのでしょうか。
それはまず、なんといってもダイヤモンドの買取実績が多いところがいいのです。
それだけ、信頼して多くの人が利用していることがわかるからです。
宝石の最高級ランクなので、出来たら信頼できるところがいいですね。

 

その店は、インターネットで見ることができます。
買取を多くしていて、その実績も示されています。
しかも、どんなダイヤモンドがどのくらいの価格で買取をしてもらうことができるのか、示されています。
それをみると、自分の持参しているダイヤモンドのだいたいの価格がわかります。

 

◆ダイヤモンド買取体験談

あるお店にダイヤモンドの買取をしてもらったら、すごく安く買取られた…
でも、その後で分かった。ダイヤモンド買取で高く売る方法を。
ダイヤモンド買取売る.com

続きを読む≫ 2017/11/19 11:02:19 feed

ダイヤモンドを所持しているけれど、自分の所持しているダイヤモンドが果たして買取りして貰えるのかどうかと不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。
そこで、買取が出来るダイヤモンドにはどのようなダイヤがあるのでしょうか。
まず、買取が出来るダイヤモンドですが、ダイヤモンドに古さなどはあまり関係がありません。買取をしてもらいたいけれど、ダイヤがとても古く年代物であるというケースも多いです。
しかし、ダイヤモンドの価値というものは、そもそも4Cと呼ばれる、グレードを判定する基準によって決められるものになります。このため、古いダイヤモンドであろうが、その年代や古さは、関係がありません。
しかし、古いダイヤモンドでも買取に問題はありませんが、傷が付いているという場合には、また別になります。ダイヤモンドは、地球で最も堅い物質であると言われていますが、このダイヤモンドにも傷が付いてしまうこともあります。
この場合には、残念ながら価値自体が下がってしまいますが、買取をして貰えないと言うことはありません。一度査定をして貰い、判断をする必要があるといえるでしょう。
また、買取をして貰いたいけれど、鑑定書を無くしてしまったという場合もあるといえます。この場合、買取をして貰えないのではないか…と思いがちですが、お店によっては、鑑定書がなくても査定をして貰うことが出来ます。まずは、お店の方に、鑑定書がない場合にも相談をしてみるようにしましょう。

続きを読む≫ 2017/11/18 19:08:18

私は4月生まれなので、誕生石がダイヤモンドです。ダイヤモンドは天然の中で最も硬いものだということで、その美しさとは裏腹に凛とした強さがあってとても好きです。
ティファニーではダイヤモンドのセッティングにティファニーセッティングというダイヤモンドのセッティングに特徴がありますが、ティファニーのダイヤモンドが美しいのは、ダイヤモンドをカットする時に、輝きが最大になるところまで削っているので、大きさは小さくなりますが、輝きが最大限になって美しいダイヤモンドが出来上がるのです。
有名なカットの仕方はブリリアントカットで58面体にカットされるのです。婚約指輪にはダイヤモンドを贈ることが多いので、ブリリアントカットでティファニーセッティングのダイヤモンドを選ぶ人が多いのです。
ダイヤモンドの質を見極めるには4Cと呼ばれることを見ます。カラーのC、透明度のC、重さのC、カットのCの4つのCでダイアモンドの価値が変わってくるのです。色は無色の方が価値があって、黄色味があると価値が下がることになっています。透明度はFL(Flawless)が最高ですが、小さなダイヤモンドではあまり意味がないと言えます。FLの次はFI、VVS、VS、SI、I、という風になっています。重さはカラットで表すことになっていますが、1カラットは0.2gです。ダイヤモンドも1カラット以上になると透明度などがきになるようになります。4つのCでダイヤモンドの価値が決まるようになっています。

ダイヤモンドや宝石の王様とも呼ばれていますが、初めてダイヤモンドを購入する場合、値段に大きな差があり、どれを選べばよいか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。
ダイヤモンドを選ぶ際にひあ、評価基準を知っておくとよいでしょう。
評価基準(4C)というのは、Color、Clarity、Carat、Cutと呼ばれるもので、世界的にはっきりと決まった基準となっています。
・Clolrは色味のことで、無色であればあるほどよいとされています。
・Clarityは透明度で、透明であればあるほどよいとされています。
・Caratは重さ
・Cutはカットの美しさを表します。
この4Cを知るためには、ダイヤモンドの鑑定書をみる必要があります。

 

4Cの評価が全く同じものであっても、ブランドや店舗によって値段は異なります。
どうしてもあこがれのブランドで購入したいと思っている場合には、値段が高くてもそのブランドで購入すれば良いですが、4Cですばらしいと評価されたダイヤモンドは、すばらしい宝石といえますから、自分の好みで購入すればよいでしょう。

 

ただ、ダイヤモンドの価値が同じであっても、特定のブランドが持っているカットやセッティングというのもあります。
こういった特許を持っているカットやセッティングのダイヤモンドは、そのブランドでしか手にすることができません。
そのため、カットやセッティングにこだわりがある場合は、特定のブランドで購入すればよいでしょう。
逆に、そういった特許に関係なく、シンプルなデザインがほしいという場合は、掘り出し物に出会える可能性もあります。

続きを読む≫ 2017/11/16 10:45:16 libros

世界4大宝石にも認定されているダイヤモンド、私の大好きな宝石です。私は四月生まれです。ダイヤモンドは誕生石なのでとても嬉しいです。私はパワーストーンが好きなのですが、ダイヤモンドを身につけることで精神的に強くなることを願っています。ダイヤモンドにはそういう力がありますよね。

 

ダイヤモンドには逆境に打ち勝つ、困難を乗り越える力があるようなんですよね。実際にダイヤモンドを身につけたらパワーを感じますし、前向きになれるんですよね。疲れた時にキラキラした光を見ているとすごくリラックスすることができます。色々な宝石を比べた時、やはり一番はダイヤモンドだなと思いますね。

 

プレセントとしてもらえるなら必ず「ダイヤモンドが欲しい」とお願いします。でもダイヤモンドって高価ですよね。ダイヤモンドでも色々とありますが、やはり質の良いダイヤモンドを身につけたいと思っています。質の良いダイヤモンドの為ならお金は出しても良いと思っています。

 

私は昔から弱いタイプで、友人関係、勉強、仕事など何もかもあまりうまくいきませんでした。ですが社会人になってからダイヤモンドを身につけるようになったら、色々なことがうまくいくようになりました。これがダイヤモンドの力なのかはわかりませんが、ダイヤモンドのおかげで気持ちが元気になったことは間違いありません。私はこれからもダイヤモンドを集めていきたいと思っていますし、ダイヤモンドのない生活は考えられないと思っています。

続きを読む≫ 2017/11/15 14:50:15 feed